ブログ・・出来るだけマメにUPします(^。^;)

ボクセルモト・・・祝日「山の日」に相応しい爽やか道中デシタ♪

2019年8月12日 Posted by ikeda_moto

 

皆さん、こんにちは!

世間はお盆休みに突入していますネ!

長い方は9連休だとか!

とは言え、15日頃に強い台風クローサが九州中国四国直撃か?との予報。

ツーリングに限らず、国内を移動される方、進路に当たっている方は最新の予報をチェックしつつ、

ご自宅等も台風対策万全でお過ごし下さいませ。

それと、既にご案内の通り、弊社も明日13日(火)~17日(土)まで5日間のお休みをいただきマス。

ご不便とお手数をお掛けいたしますが何卒宜しくお願い申し上げます。

 

さてさて、昨日11日(日祝)は今月の月例ツーリング開催デシタ♪

「山の日」に相応しい爽やかな気温でツーリングしてきましたので、

そのレポートをブログアップいたしますネ♪

※画像をクリック・タップすると拡大表示されます(閲覧環境によっては拡大されません)。

 

集合場所の道の駅原鶴バサロステーション、午前8時前、

気温25℃♪

大変爽快な朝!傍らからはツクツクボウシの鳴き声も聞こえ、夏は後半へ♪

覚悟はしておりましたが、今回はお盆直前ということで、ご参加人数は過去最少の4名!(苦笑)

そんな中、スケジュールを調整していただいて集まっていただいた方々に感謝デス♪

ということで、8時1分、早々に出発♪

 

11時までにASOケニーズカフェさんに着きたいので、一部は一般的なルートを使うつもり(笑)

原鶴から直で日田~林間ナイショ路でサクッと、

道の駅玖珠着(笑) 変わらず涼しくて快適デス♪

トイレ休憩を短く済ませ、玖珠~裏道~珍しく国道経由でファームロードわいた~

 

で、10時過ぎ、爽やかに瀬の本高原着♪

標高950mなので、陽射しがあってもチョー快適♪もう帰りたくない気温デス(笑)

装甲車も快適に休憩中。ご苦労さまデス!

そして、新旧問わず沢山のクルマバイクが出入りする瀬の本高原なので、

ココでは話題に事欠かず、少々まったり気味に私達も休憩しマシタ(笑)

とは言っても、早起きなので空腹になってきたので出発!

 

瀬の本高原~大蘇ダム~通称エレベータ道路で

11時丁度、ASOケニーズカフェさんに到着♪ 標高744m♪

 

店内には昨年のケニー・ロバーツ・ジャパン・ラリーの写真が先月からデッカく展示されていマス♪

 

さて、予約していたお楽しみのランチ♪

今回はチキンソテーセット(スープ付き)で♪

これで¥700♪!味量共にもちろん大満足♪!

次のお客さん達が入ってくるまでの少しの間、店主様との会話を楽しみながら大変美味しくいただきマシタ♪

そこで、皆様へお知らせデス。

ASOケニーズカフェさんを最近訪れた方はご存知かもしれませんが、

お店をお二人で切り盛りされておられ、お食事を提供するまでに大変お待たせする場合があり、

これまでご迷惑をお掛けすることが多かった為、

特にお食事をご希望の方は必ずご予約をしていただきたいとのことデス。

ASOケニーズカフェ 電話 0967-65-0055

 

さて、ランチ後はコーヒーものんびり堪能し、正午過ぎ、相変わらず涼しい中を出発♪

ASOケニーズカフェさん~くねくね林間町道で、

5~6年振り?音無井路十二号分水へ♪標高523m♪

分水路の際にはミヤマカワトンボも♪金属的な青緑の胴と茶褐色の羽根が大変美しいですネ!

ここからは町道~農道を繋いで道の駅すごうでトイレ休憩を。

道の駅すごう~農道~一部県道~庄内で小休憩♪

庄内~ナイショ路~城島高原~ナイショ路~日出生台を肌寒さを感じる程で抜けて、

はい!またまた道の駅玖珠へ(笑)ここでチョットだけ暑さ復活(笑)

道の駅玖珠~県道~入り口だけ見るとどうみてもヤバいナイショ快走路(笑)~

チョット国道~小鹿田~ショップ内通称インディ・ジョーンズ・ルート~宝珠山、

そして道の駅原鶴バサロステーションに戻って、17時半、無事解散となりマシタ♪

今回結局「あ゛~!!!」という暑さを感じたのは原鶴までの30分程度(笑)

酷暑続きの平野部にはもう戻りたくないと思う爽やかな空気を満喫しまくった今回のツーリングデシタ♪

結局走行距離は397km♪

ご参加いただいた皆様ありがとうございマシタ!♪

※今回は写真が少ないですが、弊社フェイスブックページにアルバムとして格納しておりマス。

フェイスブックページはアカウントをお持ちでなくてもご覧いただけマス。

※ここに書いた各地の標高は国土地理院地図(電子国土Web)を参考にしました。

ボクセルモト・・・お陰様で8周年!ありがとうございマス!!!

2019年7月31日 Posted by ikeda_moto

 

皆さん、こんにちは!

今日は定休日ですけど、はい、ブログ書いてマス(汗)

今年の梅雨は変でしたねえ。遅い入梅、福岡市含む近郊の水不足を完全に解消出来ずに終わった雨量、

例年より短く終わって明けたと思ったら、

年中無休の走り好きにとっては真冬より遥かに厳しい過酷な夏の到来デス。

今夏もカラダと愛車を労りながら、上手に乗り切っていきたいですネ!(笑)

ということで、以下少々長く固いハナシもありますが、お付き合いいただけると幸甚デス。

 

さてさて、そんな7月もいよいよ末日。

弊社はお店をオープンして無事に8周年を迎えることになりました!

月次ではございますが、ご愛顧いただいているお客様はもちろんのこと、

BMWには乗っていないけれど、弊社をBMWにお乗りの友人知人にご紹介いただいている皆様、

お取引させていただいている多くの業者様や関係各社の皆様、地域の皆様に改めまして深く感謝申し上げます。

相変わらずの狭いスペースと少数精鋭スタッフで営業させていただいており、

ご不便とお手数をお掛けしいること多々多く、

そのことにご理解をいただいていることにも重ねて感謝申し上げます。

 

過去に書いたことですが、構想・開店前から開店後の1~2年間、

「BMWオリジナルを追求する2V OHVメインのお店は九州しかも福岡では絶対に成り立つはずがない。

台数が多い関東関西に出ていった方がいいに決まっている。」と

あらゆる方面から度々言われ続けていたことを思い出します。

もちろん当初は(今も?笑)不安を多く抱えておりましたが、

先にも書きましたように、多くの方々のお陰でこの九州でも続けていけるのだと実感しております。

そして2V OHVだけでなく、以前からの長いお付き合いに続き、

インジェクション機種の多くの皆様にもご愛顧いただくようになりました。誠に有り難いことです。

 

BMWのみ…追求していくと新しい発見・改良すべきことがまだまだ出てきています。

既に知り尽くしていたと感じている2V OHVでさえです。

雑誌やネット上を華やかに彩るカスタムマシンは作っておりませんが、

今後も引き続きBMWが持つオリジナルスタイルを大切にしていきながら、

改めるところは経験と知識、そして新しい技術や新しいパーツを積極的に取り入れ、

文化財的な価値を持つようになってきた2V OHVをこれまで同様中心に、

過去40年余りに亘ってBMWで遊んできた経験を惜しむこと無くご提供しつつ、

「やっぱりオートバイは走ってナンボ!!!

快適に・安全に・爽快に、そして楽しく走るには車体と人に何が必要なのか?」を

引き続き追求していきたいと考えております。

いよいよ9年目に突入!!!

今後とも引き続きご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます!

ボクセルモト・・・美味しい!美しい!蒲江には年に一度は行かないと!♪

2019年6月18日 Posted by ikeda_moto

 

皆さん、こんにちは!

北部九州、なかなか梅雨入りしませんねえ。

備忘録によると、昨年は5月28日に平年より8日早く入梅。

遅かった一昨年2017年は6月20日に入梅。

今年は今日の時点で観測史上何番目という遅さになるんだと思います。

梅雨はライダーとオートバイ屋にとっては要らんものですが、

ごくごく普通に季節が移り変わってこそ、私達人間と自然の営みが大事無く流れていくワケで、

例えば福岡は昨年8月から今まで少雨傾向…このままだと深刻な水不足が懸念されています。

農家のお客様は切実に頭抱えてますし。やはりシトシト雨が続くごく普通の梅雨入りは必要ですよネ。

 

とは言え、降らない時はやはり出来るだけツーリングを楽しみたいライダーのワガママ心理(笑)

ということで、今月の月例ツーリングは福岡からは「遠か~!」と言われる大分県蒲江を目指しマシタ♪

相変わらずダラダラと書いておりますが、お付き合い下さいませ(汗)

※画像をクリックすると拡大表示されます(閲覧環境によっては拡大されません)。

 

8時15分前、目的地が蒲江ということで、夜明けが早く爽快なこの時季は集合も早い時間、大分県の萩尾PA(笑)

左奥にはまさに到着しようとしている1台が(笑)

参加者のご自宅地域によってはスタート時点で「ザーザーと」降ったようですが、予報を信じ、皆さん順調に集合♪

いつもよりちょっと少なめの先ずは8台9名で♪少なさは父の日が関係したのかは定かではありマセン(笑)

8時半過ぎ、気温18℃、ドンヨリ空の下を出発デス♪

 

高速は湯布院ICまで。その後は庄内~某山中快走路~…

10時前、「道の駅・おおの」にサクッと到着♪

そして、お久しぶりのY様ミリタリーと無事に合流完了♪10名9台のマスツーリングでございマス。

というコトで改めて今日の内訳は、R80/7、R100RSツイン(タンデム)、R100RSモノ、

R1200GS空冷×2台、R1200R空冷、R1200GS-LC×2台、R1200GSA-LC でございマス♪

ここまでの道中で徐々に晴れ間が広がり、明るくなってきマシタ♪でも暑くなく爽やか!♪

当然ハナシも長引きまして(笑)、10時半前、再スタート♪

 

沈堕の滝をチラ見しながら、三重~某山中快走路~ちょっとだけ宮崎県を快走~某山中快走路で

11時半過ぎ、今日のランチ場所「かまえインターパーク・海べの市」着♪昨年に引き続き2回目の利用デス♪

気温24℃♪ いいですね~♪ ホント初夏の爽やかさに恵まれてマス♪

 

今回はいつもよりちょいと朝早く出ましたから、はい、腹ペコデス(笑)

こちらは刺身定食♪


こちらは海鮮丼♪


こちらは数量限定の地魚フライ定食♪管理人はこちらを求めマシタ♪

他にも迷うところあったのですが、この3品中心に皆さん注文♪

蒲江ということで、魚は地物メインで新鮮!

生ものはもちろんですが、フライ物はかなり高レベル!

カラッと揚がって油の重たさ全く無し!ふわふわサクサク!

魚の旨さをしっかり感じる揚げ具合はソースを掛ける必要ありマセン!♪

 

ランチの後は併設ショップでお土産も♪流石に生ものは買えませんケド(笑)


伊勢海老売ってマス♪


最近一部のお客様の間で話題のアラカブも(笑)


お触りコーナー有り(笑)。画像では緋扇貝の色がうまく出ませんネ(汗)

 


再スタート前の準備…虫を取る方(笑)


再スタート前の準備…日焼け止めを塗る方(笑)

 

お腹と会話が落ち着いた12時半前、絶景を求めて再スタートデス♪

ここからそのまま直で20分程走行…


「豊後くろしおライン・空の公園」へ♪

南方向は雲が出ていましたが、青い空青い海萌える緑に今年も出逢えて気持ち良し!♪

相変わらずの爽やかな風!♪ここでもノンビリ会話が弾みマス!

とは言え、ココは蒲江の北、佐伯の南に位置する米納津の手前…先へ進みマス(汗)

 

「空の公園」~米納津~佐伯市街目前から某田園路を快走し

13時半、温泉が併設されている「道の駅・やよい」着♪

ここでも日向でちょっと暑さを感じる程度の爽やかさ♪

画像はありませんが、ツーリングの定番ご当地しょうがソフトをパクつく方も(笑)

そして、ココではY様とお別れ…久しぶりにご一緒出来て楽しかったですネ!ありがとうございマシタ!♪

 

さてさて、ココでもノンビリしてしまいましたがまだ先は長い(笑)14時過ぎ、スタート!

「道の駅・やよい」~昨年は豪雨被害で中盤が通行止めだった長い某快走山中県道を全て走り抜け~
※昨年は通行止めの迂回路がなかなかの深い山中舗装林道デシタ…。

皆さん???の状態でいつの間にか再びの三重(笑)~

解散場所まで足りるとわかっていたもののビクビク不安を解消する為に余裕をプラス…給油を清川手前にて~

そして某快走県道を走り抜き…
※午前と同区間は15km程度

長いランを終え、はい!本日2度目の「道の駅・おおの」に15時15分着(笑)

1日2回も同じとこで休憩するとは管理人らしくないと言われそうですが、

お昼過ぎまでノンビリし過ぎた結果、帳尻合わせ要の状態になったからデス(笑)

今回一番の暑さを感じたのはこの時間のココですネ。28℃デシタ。

 

でもやはり欲張りは続きマス(笑)陽は長いし、来るであろう梅雨前に走り貯めも必要(笑)

16時が迫る時刻、スタート!はい、この先も長いデス(笑)

「道の駅・おおの」~四辻峠~某山中快走路で直入~某山中快走路で庄内~

更に某山中快走路~城島高原~直で日出生台~玖珠某快走路で…

途中交差点信号2個のみの快走路1時間半弱を走り、17時ちょっと回った時刻、「道の駅・くす」着♪

ココでも更に楽しみたい「下道繋いで福岡へ」なんて声が出ましたが、スキーと同じ…

最後の欲の1本は良からぬことが起こりがち。ココで無事解散となり全員上へとなりマシタ♪

 

というワケで、本日の走行距離はショップからの往復で519km♪

内高速道は107km(杷木IC→湯布院ICと玖珠IC→朝倉IC)ですから、412kmは下道を繋いだということに(笑)

上手く繋げば、例えば今回は45kmの間は信号ゼロのルートや、

110kmの間でも信号6個の、いずれも一般車両とほぼ出会わない組み立てが出来マス。

そうすることで、単調な高速道に頼らず、「福岡からは遠いと言われてしまう蒲江」までを

身体にも車体にも優しく走れますヨ♪

あっ!次回の蒲江方面には九州最東端・鶴御崎も寄るかも(笑)

※こちらに掲載出来なかった多数の画像は弊社フェイスブックアルバムに格納しております。
弊社フェイスブックはアカウントをお持ちで無い方でもご覧いただけます。

(閲覧環境によってはご覧いただけない場合有り)


あっ!今回のエアモニ(笑)



出発前のショップ、標高59m、気温15℃でフロント2.0Bar、リア2.2Barにエア圧を合わせたものが、
朝倉ICからまったり走行後のショップ戻り直後、19時前、気温20℃でこの表示。
道中の変化は撮り忘れてましたが、例えば午前の「道の駅・おおの(気温23℃・標高190m余り」に到着直後では、
フロント2.3Bar、リア2.6Barを表示しておりました。
※こちらのエア圧設定は管理人個人の好みによる自己責任の値です。推奨値ではございません。

ボクセルモト・・・GWの後なので、ノンビリマッタリツーリングに(笑)

2019年5月14日 Posted by ikeda_moto

 

皆さん、こんにちは!

立夏から1週間を経て、まだ湿度が低い爽やかな初夏らしい毎日が続いている太宰府♪

GW中は令和で話題のご近所・坂本八幡宮はごった返したそうですが、

九州道を含めたショップ周辺の交通事情はというと、

分散型と言われた通りに例年のGWより大渋滞は少なかったようデス。

それと、怒涛のGW10連休が終わり早1週間、体力財力を使い果たしたのか、

ビミョーにオトナシクなった方々が多そうな気がしマス(笑)

 

さてさて、そんなオトナシクなった方が多そうな12日(日)、

初夏を迎えた阿蘇界隈に癒やしを求め、令和初となったツーリングを開催いたしましたので、

相変わらずダラダラと書きますがお付き合い下さいませ(汗)

※画像をクリック・タップすると拡大表示されます(閲覧環境によっては拡大されません)。

 

フルメッシュウエアのご参加者数名にとっては、

ウインドブレイク系インナーを1枚着ておかないと肌寒い高速道の朝、

いつもよりノンビリ目の集合時刻、午前9時前、広川SAには11台11名の皆さんにお集まりいただきマシタ♪

五月晴れが広がり、すぐに気温は初夏の暑さに。早速インナーをバッグにしまう方数名(笑)

 

あっ、久しぶりに弊社で販売しているエアモニのアピールを♪

ショップ出発時気温16℃の冷間時エア圧はフロント・2.0Bar、リア2.2Barに合わせておりましたが、

制限速度範囲内走行による発熱と気温の上昇により、広川到着時にはこの変化。

この変化のデータ取りが楽しいんですよねー(笑)

標高差による気圧変化によってもエア圧は大きく変化しますからネ。

走行しながら確認出来るのは大変便利だし面白い!♪

※表記冷間時エア圧はあくまで管理人の個人的好みによるものですのでご注意を。

※R1200GS空冷のBMW指定冷間時タイヤエア圧(一人乗り)はフロント・2.2Bar、リア・2.5Barでございマス。

 

おっと、本題に(笑)

熊本のお客様とこの先で待ち合わせをしているので9時丁度、出発デス♪

南関ICで高速を降り、いずれの沿道も田植え準備が進む~平山温泉~某快適農道~某県道~某快適農道を繋ぎ、

10時丁度に水の駅きくち着♪ 熊本のお客様と無事に合流♪

ですが到着するなり?????????

半年振りに訪れた水の駅の様子がかなり変わっておりまして、カート場は無くなっていて、

釣り堀の場所には別のお店が。そして釣り堀は数十m移動している….う~ん….

何だかお手軽にお手洗いをお借りできない雰囲気でしたので、合流後サッサとクネクネ道で移動し、

 

「四季の里・旭志」に10時半着♪ お手洗いをお借りすることが出来マシタ(汗)

改めて熊本のお客様とご挨拶♪これで12日のツーリングは12名12台と12に尽くしに(笑)

集まったのはR100RSモノ、R100RSツイン、R100トラッド・モノ×2台、R100CS、R1100R、

R1100RT、R1200GS空冷、R1200R空冷、R1200GS-LC、R1200GSA-LC、KTM 1290 SUPER DUKE R ♪

家族連れで賑わう「四季の里・旭志」♪ オジサン達にこの風景が似合うのか?(笑)

 

鞍岳舗装林道を東進しても良かったのですが、はい、管理人にとある閃きが(笑)

ノンビリハナシが弾んだ11時過ぎ、再スタート♪

「四季の里・旭志」~某県道~本田技研北~大津市街を抜けて、とある農道へ♪

このとある農道はプライベートでは走ったことがあるのですが、ショップのマスツーリングではお初。

畑の中に比較的緩~いコーナーが続き、ノンビリ牧歌的雰囲気を味わうには◎ですネ!

 

そして、西原村中心部~いつもの道でケニーロード入り♪

正午前、南郷谷側の展望所着♪幸い貸し切り状態♪

生きた火山、ヘソで茶沸かす阿蘇五岳を望みマス♪

さて、お腹が空いてきているので12時10分、再スタート♪

 

色見農道で繋いで

12時半、「石窯ピッツァ スタジオーネ」さんに到着♪
※到着時の画像取り損ねなので、これは出発時のもの(汗)

 

石窯が見えるデッキで、贅沢に森林浴もしつつ、先ずはサラダからいただき、

 

絶品ピッツァ一巡目(笑)表面はカリッと、中はモチモチ♪

 

う~ん!いつ頂いても濃厚、だけどスッと入ってくれる絶品ハヤシライス!♪

 

絶品ピッツァ二巡目(笑)こちらも同じくカリっとモチッと♪ 地元の素材が活かされた美味しい味に感謝デス!

 

そして(笑)

サッカーが得意なディーボちゃんと再会♪

この日は宿泊されたお客様と午前中にサッカーしまくったらしく、すでにお疲れさん状態(笑)

午後はボールに興味は無く、ご自分の世界に浸っておられました(笑)

もう一頭のルナちゃんも同様で、ご自分のお部屋でお休み中でした(笑)

 

ここでもノンビリマッタリオートバイのハナシで過ごした後、

いつもワガママを聞いて下さる「石窯ピッツァ スタジオーネ」さんに感謝のご挨拶をし、

13時半、薄雲が広がりだした高森を出発♪

R265~弊社内通称エレベータ道路~まだ蕾も小さなスズラン自生地~香ばしい風漂う畑道(笑)~

※本日5月14日・信頼のおける情報筋によりますと、スズランの開花数輪を本日確認したとのことデス!

 

そして、

 

箱石峠の展望処へ♪

 

展望処北側の牧場では牛がノンビリ草を食みマス(笑)

ココで京都から2台で来阿蘇された方と阿蘇周辺の情報を交えながらオートバイバナシに♪

 

牧草にすっかり癒やされて14時過ぎ、R265へ下りてすぐに某畑道~本日2回目の阿蘇望橋(笑)~

波野のR57を横切り、産山方面へ快走♪

そして、

 

15時前、産山村から少し竹田市に入った弊社ツーリングで良く使う道沿いに素敵な♥を見つけマシタ♪

家族総出で作られたのかな?田植え前の良いタイミングで見られて良かったデス!

欲を言えば、水面に青空が映えると最高だったのですがー(汗)

♥の情報を教えていただいたI様、ありがとうございマス♪

ササッと「映えな」撮影を済ませ(笑)、県道を快走し、R442へ♪

R442~某農道に入ると、予報通り、降水確率20%のポツポツ雨が…。

降り始めの路面に注意しつつ、某農道~グライダー滑空場を通過。

滑空場では雨が本降りになり始め路面は完全ウエットに。暖められた路面からは湯気が立ち昇りマス。

まだカッパを着るレベルでは無いものの、天候の変化が気になるのは事実なので、三愛レストハウスへ逃げ込みマス(笑)

 

15時半、三愛では路面は乾いていたものの、ご覧のように雲は厚さを増しつつあり、

もう6つの山を越えたかったのだけど、大人の選択をし、黒川温泉からファームロードわいたへ。

ファームロード日田に入ると再びウエットに。再び更に雲が厚さを増して雷まで登場(汗)

雷が周囲に落ちだすと周囲に何もない高い位置を走りたくないですねー(汗)

ウエットの中、可能な限り速やかに亀石峠を越え(笑)、鳥料理屋さんを過ぎる頃にようやくドライに♪

晴れ間が見え始めた日田旧一品街セブンで16時半、無事に解散となりマシタ!♪

 

今回は結局ショップツーリングとしては初めてのルートを2本♪

午後の曇天と雨はちょっぴり残念でしたが、それでもそれでも、

緑眩しい阿蘇の初夏を満喫出来て、皆さんにはご満足いただきマシタ♪

というコトで、GW明けの、

あっ!新時代・令和に入りお初になったノンビリマッタリツーリングは

蒸し暑さを感じること無く爽やかに快走し、374km(ショップからの往復)の走行デシタ!

 

そして、次回の月例日帰りツーリングは弊社都合により、

6月16日の第三日曜日になりマス。内容は後日改めてご案内いたしますネ。

 

そうそう、ご参加いただいた皆さん以外とも実は偶然ハナシが弾んだんですよ~(笑)

ツーリングに出れば、思いの外知り合いに出会うものですが、今回は立ち寄り先の少なさを考えると多い方(笑)

朝の広川SA…クルマで熊本へお仕事で向かうお客様お二人と♪

ツーリングへ向かわれるこれまたお久しぶりのご夫婦ともお会いしマシタ♪

奥様もビッグバイクを操るので2台ですネ♪

三愛レストハウス…「木曜の男」と言われるR100Mのアノお方(笑)と、

R100RSでご夫婦タンデムのお客様と♪直入温泉に向かわれる途中デシタ♪

 

※こちらに掲載出来なかった多数の画像は弊社フェイスブックページに格納しております♪

フェイスブックページはご登録されていない方でもご覧いただけマス
(閲覧環境によってはご覧いただけない場合がございマス)

ボクセルモト・・・ヘッドライトバルブの交換作業は確実に(例・R1200GS空冷等H7バルブ装着車)

2019年4月25日 Posted by ikeda_moto

 

皆さん、こんにちは!

GW10連休…明日1日頑張れば突入の方、いやいや羨ましいデス(笑)

多くのお客様に今GW事情をお伺いすると、10連休の方々がやはり多いようですネ。

生活の基盤を支えていただいている縁の下のチカラ持ち的お仕事の方や、

小売・サービス業等の方々は10連休ではないですけど、

交代や後へズラして連休取得というパターンも多く訊いておりマス(笑)

ま、いずれにしても、このGWの間にオートバイを楽しむ機会は多いワケで♪

 

さて、連休となると、連泊のツーリングに出掛ける方が多いですよネ!

いつもの日帰りとは違い、予備パーツを追加携行する方も多く、

その一つにヘッドライトバルブがありマス。

以下色々書きますが、「私は高級HIDや高級LEDを付けてるから大丈夫!」

なんてツッコミは無しでお願いしマス(笑)

 

※画像をクリック(タップ)すると拡大表示されます(閲覧環境によっては拡大されません)。
※画像には薄く透かしを入れております。何卒ご容赦下さい。
※以下、あくまでBMW日本仕様機種での例です。

 

ご紹介する一例はR1200GS空冷のヘッドライトバルブ、

H7タイプ(ロービーム・ハイビーム共)の取り付け部分について。

何故今回このネタをUPしたのかと申しますと、

今月に入り、H7タイプを装備する様々な機種が点検で多く入庫し、

それら半数の確率で以下のような状態に…。

点検の際、壁に光を当ててヘッドライト点灯状態を確認するワケですが、

「あれ?ハイビームとロービームの照射位置のズレが正常じゃないなあ?

そうか、このお客様はバルブをご自身で交換したのかな?

H7を使っている機種のこの凹部分とバルブの突起は

ハメ合いが元々キツイ寸法取りなんで、奥まで入れにくい。

逆に素手のチカラだけではバルブが外れないぐらいに噛み込んでる場合も多いしねえ….

昼間でもこの部分は薄暗いから、老眼だともっと確認しずらいし(笑)」と。

半数の確率でこの状態ですからねえ…これは書かねばならないと思ったのデス。


これはあくまでR1200GS空冷・H7(ロービーム)での一例に過ぎません。

ハイビーム側も同様で、バルブの突起が下側にあるのが違いデス。

特にH7を使っている機種の場合、先に書いたようにバルブの突起と、

その突起がハマり込むライトユニット側の凹部分がキツい作りなので、

こういう作業での慣れが無いと、奥までハマったどうか感触だけでは分かりにくいのデス。

もちろん、H1・H3・H4・H11を使っている他の機種でも、

その取付状態に合わせた交換作業での注意が必要デス。

バルブが正しい位置で取り付けられていないと、正しく光を照射しませんし、

最悪はバルブが放つ熱が部分的に偏ってしまい、

バルブ取り付け部分・ヘッドライトリフレクター・ヘッドライトレンズの溶解や損傷の原因に…。

たかがバルブ交換なのですが、されどバルブ交換なのでございマス。

 

夜の交換作業はもちろん、日中の明るい中でも、

スマホやケータイのハンディライト機能等外部から明かりを照らし、

この部分や配線カプラーの取り付けチェックを怠りなく!

そして、老眼の方は必ず老眼鏡のご利用を(笑)

更に、路肩での交換作業は絶対禁物ですヨ!!!!!

必ず安全な場所での作業をお願いしマス!!!!!

 

あっ!チョットした小ワザを♪

R1200GS・GSA空冷やR1200RT空冷、R1200S、F650~800GS系(ツイン)、

F800S/ST/GT/R →※Rはモデルイヤー2014年まで、K1200~1300S/R(スポーツ含む)、HP2-Sports、S1000系、

R1200R-LC、R1200RS、以上においては、ハイとローには同じH7タイプが使われておりマス。

R1200R空冷は共にH11。R1150GS系は共にH1とか…R1200STはナントH4の2連装なんですよネ。

う~ん、他でもハイ・ロー同じバルブあったなあ、丸暗記してないなあ(汗)

つまり、例えば一方が切れたら、生きている一方を外して入れ替えて取り急ぎ応急的に使う、という方法も。

 

え~、以上諸々、やっぱり長くなりましたが、出来る限りシンプルに解りやすく書いたつもりデス(汗)