Category: ‘ケニー・ロバーツ’

ボクセルモト・・・ケニーさん達とのツーリングレポートをようやくアップです(汗)

2016年10月28日 Posted by ikeda_moto

 

皆さま、大変遅くなってしまってスミマセン(汗)

無事終了して間もなく1ヶ月経とうとしてしておりますがー、

今年もリーダー&ヘルパーとして参加させていただいたケニーさんご一行様とのツーリングレポートを

とてもとても長くなりますが書きますネ。

 

ケニーさんご一行様のツーリングには正式な名称がありマス….”KR JAPAN RALLY”デス。

2010年から毎年9月末~10月初に開催され、今年で7回目となりマス。

今年は”KR JAPAN RALLY 2016″ (以下KRラリー)であり、9月26日(月)~10月2日(日)にて開催となりまシタ。

今回来日されたのは”KING” ケニー・ロバーツさんとそのご家族、

そしてアメリカ・フランス・イギリスのお友達は常連さん3名とお初の方々6名の計13名で相変わらずの大所帯(笑)。

(Jrさんはお仕事の都合により、残念ながら今回は欠席デス)

そして、毎日のツーリングではケニーさんと縁のある熊本の方を中心に日本人が10~20名程度日替わりとなり、

毎日25~35名でのビッグ・マス・ツーリングの連続デス。

期間中、管理人がリーダーを担当しましたのは9月26日(月)、9月29日(木)、10月1~2日(土日)。

そしてグループ中ほどを走るヘルパーとして9月30日(金)に参加し、延べ5日間をご一緒させていただきまシタ。

 

さて、今年のKRラリーは例年とは少し違う趣旨が加えられました。

そう、一連の熊本大分地震が発生したからです。

ご存じの方が多くなってきております熊本・西原村~南阿蘇村の間には、

地震後国道57号の代わりとして重要な役目を果たしている「ケニー・ロード」があるように、

熊本とケニーさんの関係はとても深いものがあります。

地震発生直後からケニーさんは被害のことをとても心配されており、

「何か出来ないか?」ということで、毎日のツーリング中の何処かで一度は小規模なチャリティサイン会を開こうということになったわけです。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

 

● 9月26日(月)、KRラリー・初日。この日のホスト役は“ラ・ベレッツァ”さん。私管理人はリーダー担当デス。

やっぱり?ケニーさんはR1200RT-LCを選択。

この日は朝から青空が広がりまシタが、モーレツに暑い!!!ケニーさん、RTでいいのかな?(笑)

 

ホテルを出て空港方面から益城町の街中へ。まだ倒壊したままの家々が沢山残る地域や

うねりや段差の多いルートを敢えて選択し走ります。

最初の休憩地は“浮島神社”

小さな神社とは言え、綺麗な水の湧き出る池に面する浮島神社は今回とても評判良かったデス。

もちろん通ってきた道沿いのことはここで話題に。大きな地震が起きたことは知っていたケニーさんのお友達でしたが、

前震本震と2度発生したことはご存じなかったようで、皆さん今回の地震の激しさを改めて心に刻まれたようでした。

 

田園の中にある浮島神社でまったり休憩しておりましたが、その間に気温が更に上昇!

そう、このKRラリー期間中は最終日まで、熊本市でずっと気温は連日猛暑日寸前!真夏に逆戻りしていたのデス。

皆さん日本人のマネをして「アツイアツイ!!!」を連発してまシタ(笑)

 

「Yossy、(管理人のこと・笑)暑いゼ! 早く山へ登ろう!!」とケニーさん(笑)

はいはい、クルマの少ない道を選んで”ケニー・ロード”へ♪

あっ、ケニーさん、バイクをMT09トレーサーへ交換。風の当たらないRTは暑かったらしい(笑)

で、道のお名前の主、ケニーさんとちゃっかり写真に♪

そして、今回初めて来阿蘇されたお友達の皆さんから「WOW!!!!! BEAUTIFUL!!!!!!」連呼の始まりデス(笑)

 

展望所で小休止の後、” そば道場“へ♪ はい、この日のランチです♪

もちろんそば打ち体験!♪ ラ・ベレッツァさんのニクい演出ですネ♪

笑い声が絶えない中、そば打ち体験&自分で打ったそばのランチ終了♪

 

ランチ後はこの日のチャリティ会場へ向かいマス。

ケニーさんが名誉会長を務める“阿蘇ライダーズベース”です♪

平日なので来場者が少なかったですが、サインやツーショットを希望される方に、

お一人ずつキチンと応じていらっしゃいマシタ。

 

そして次に向かったのは、前の週にようやく通行可能になった場所へ。

そう!草千里ヶ浜デス♪ 少しだけですがやはり涼しい!!

(草千里ヶ浜を撮ったはずの画像がカメラの不具合で残念ながら撮れてなく・泣)

まだ坊中からの道のみでしか登ることが出来ませんが、ゆったりとしたペースで走り、

外輪山北側の壮大な風景を楽しんでいただきまシタ♪

草千里ヶ浜でゆったりし過ぎたので、ホテルまでは弊社ツーリングのようにマル秘ルートを駆使して最短時間でオンタイム到着♪

好天と猛暑の中を198km走行した初日デシタ♪。

 

で、ホテルに戻ってすぐにケニーさんへ

「明日仕事だから夜ご飯終わったら帰ります。明後日夜にまた戻ってくるんで」とお話しすると、

「Yossy、ダメだ!オマエはここにいろ!帰るな!」と(汗)

ケニーさんの愛情こもった社交辞令ですケド(笑)

とは言え、光栄にも強く引き止められ、明日の仕事をほっぽらかす寸前でしたが、

「ごめんなさい!必ず戻るから~!」とホテルを後にしちゃいまシタ(笑)

 

● 9月27日(火)、KRラリー・2日目。はい、管理人は太宰府に戻りお仕事中(笑)

この日は“神山モータース”さんがホスト役。ガイドは同社お客様有志の皆さんによるものデス。

折角ですので以下のようにレポートしますネ。

この日はケニーさん達にとって重要な公式行事がありました。

“阿蘇ライダーズベース”にて集められた募金を直接熊本県に渡すため、県庁への訪問です。

そして、世界初?のケニーさん公認の“ケニーズ・カフェ”のプレオープニング。

(ケニーズ・カフェさんは10月28日正式オープンだそうです)

当日の詳細な模様は、リーダーを務められた方のブログにてどうぞ♪

 

● 9月28日(水)、KRラリー・3日目。KRラリーの期間中、いつも水曜はフリーとなっておりまして、

(私管理人は定休日でシャッターが閉まっている店内にてコソコソ仕事してまシタ)

ケニーさんご家族はそれぞれ熊本市内へお買い物やゴルフへ。

他のお友達の皆さんは「走るゼ!!」ってコトで、熊本有志の皆さまのリードにより島原雲仙方面へツーリングでシタ。

こちらの詳細な模様もこの日のリーダーを務められた方のブログにてどうぞ♪

 

● 9月29日(木)、KRラリー・4日目。この日は弊社がホスト&リーダー担当。

ケニーさんとの約束通り、水曜夜に熊本へ再び入ったわけデス。

明け方から予報通りの雨。

しかもまとまった雨になり、かなり蒸し暑くなるとのこと。出発前、カッパ着込みマス。

はい、KRラリーには雨で中止はゴザイマセン(笑) (2014年には台風接近中でも走ったことあり。)

もちろん豪雨じゃなければ一般的なルートに変えまセン。

いつものようにマル秘ルートを駆使し、久木野で休憩を挟みながらランチ場所を目指しマス♪

 

コチラ、KRラリーで定番になってきました大分・直入“万象の湯”さんでランチです♪

写真ボケちゃってますがー、薬膳ビュッフェをご堪能いただきまシタ♪

 

ランチ後、相変わらずの強い降りの中を湯布院の“岩下コレクション”さんへ。

木曜日にも関わらず、朝からローカルラジオでの告知が功を奏して沢山の方がケニーさんに会いに来館されまシタ♪

そして大変有難いこともご報告です。

一連の地震で自らも大きな被害に遭われた岩下オーナー様が熊本の被災者へ、ということで、

ここで集められた募金をケニーさんへお渡しになられていました。

これには一同本当に感動いたしましたことをご報告させていただきます。

 

岩下コレクションさんを離れる予定時刻を1時間程過ぎましたが、ケニーさんにホテル着が予定より遅れることを予め告げた上で、

「折角だから”AWESOME ROAD”へ行こう!」と提案したところOKの回答♪ 霧と強い雨の中を走破♪

雨はずっと降り続き、上がったのはホテルまであと15分のところ。

というワケで、今回のKRラリー期間中、一番最悪の天候の中を走り続け、予定より45分遅れてホテルへ。

相変わらずの蒸し暑さでしたが、この日は期間中最長の282km走行となりまシタ。

あっ、この日は雨だからケニーさんはRTを選ぶかな?と思ってましたが、XSR900インターカラーに終日お乗りでシタ♪

 

● 9月30日(金)、KRラリー・5日目。この日のホストは” ダウントン“さん。管理人はヘルパーとして集団の中ほどを担当。

やっぱりこの日も朝から相変わらず蒸し暑い雨。しかし昼からは晴れるとの予報にテンション上がりマス♪

(雨はイイけど、相変わらずの真夏の暑さはたまらんとの声が全員から・笑)

 

先ずは外輪山の北山で小休憩。雨が小降りになってきまシタ。でもまだカッパは脱げまセン。

 

そして次に向かったのは、

“ 阿蘇神社”へ。もちろん皆さんに現状を知っていただくためです。

 

ここでようやく雨が上がって今度は強い陽射しがー。

「アツイアツイ!!」のセリフが復活しまシタ(笑)

これにはケニーさんもたまらず木陰へ。サスガKING!!絵になりますネ♪

 

阿蘇神社での参拝の後はランチへ。

損傷した店舗の改修を終え、営業を再開されたばかりの “元祖高菜めし・あそ路”さんデス。

高菜めしとホルモン煮込み、お口に合いましたでしょうか?

ここでもチャリティイベントを実施し、平日の少ない人数でしたがご来場いただきまシタ。ありがとうございます!

 

ランチ後はココへ♪

いかにも阿蘇観光!!!って雰囲気(笑)

 

さてさて、ホントに暑すぎマス…..!!!!!

というワケで、裏道をどんどん下って

旭志にあるアイスクリームの“ツインスター”さんへ♪

ちょっと話している間に溶けてしまった画像ですが、この日も猛暑日寸前!!暑かった!!

美味しいアイスクリームのお陰で、全員リフレッシュ出来たようデス♪

リフレッシュ後、ここから30分でホテルへ♪

この日のケニーさんはやはり終日XSR900インターカラー♪ 

大胆に変わった天候の中、走行距離は、182kmでシタ。

 

● 10月1日(土)、KRラリー・6日目。雨がようやく上がり、蒸し暑いけど朝からの晴れ間が戻ってきまシタ♪

再び弊社がホスト&リーダー役となりマス。

この日のケニーさんは“PEACE RIDE”イベントでのチャリティ・ゲスト。はい、公式行事デス♪

会場の“道の駅・あそ望の郷くぎの”へ直行ルートとなりますが、天気が良いのでやはりルート上のここへ♪

今日もケニーさんはXSR900インターカラー♪ 「これはオレのカラーだからナ!」

午前10時頃に到着♪ 会場でお仕事中のケニーさん♪

今回の“PEACE RIDE”は土曜でしたが好天に恵まれて、

ケニーさんと同様に阿蘇を愛する1,300台以上が集まりまシタ!!!

 

会場で美味しいBENTO BOX(笑)のランチを済ませ、午後1時頃に会場を出発。

久しぶりの好天なので前日までの鬱憤を晴らしたい気持ちが皆さんフツフツと(笑)

色見農道~大戸ノ口~エレベーター道路~マル秘ルートで….

弊社ツーリングでもお馴染みの箱石峠の展望場所へ♪

 

ここから産山牧場~マル秘ルート~やまなみハイウエイ~瀬の本へ。

瀬の本高原レストハウスで休憩中にフランスの方からリクエストが!

「さっき通り過ぎた変わった木は何だ?見たい!」とのことなので、

ご存知の方も多いですよネ!TVや雑誌等で何度も取り上げられたことのあるココへ♪

 

鹿とも戯れまシタ(笑)

 

で、さらに管理人はケニーさん達を連れ回しマス(笑)

あの水源地へ♪ (皆が美味しそうに水を飲んでいる写真、何故か写らず・泣)

 

更に快適ワインディングを連れ回し(笑)、

KRラリーではお馴染みの休憩場所、水の駅きくちへ。

実は今回のKRラリー中で初の立ち寄りでシタ。

で、ここからホテルまでは25分♪ もちろんオンタイム到着デス♪

相変わらずの猛暑でしたが久しぶりの好天の下で全員気分良し♪

この日の走行距離は、196kmでシタ♪

 

● 10月2日(日)、KRラリー、7日目、最終日。引き続きホスト&リード役デス。

最終日だからこそ気になったのはやはりお天気。良かった!好天デス♪

最後日の阿蘇をしっかり走りたいところですが、当日出発前にリクエストがありまシタ。

この日は早めにホテルへ戻りたいとのこと。

ケニーさんを始め、来日されたお友達の皆さんは翌日の早朝に熊本を離れるため、

夕食&宴会の前に荷物の整理をしなければならないからデス。

午後3時半までに戻らなければならず、でもツーリングも満喫してもらいたい….。

管理人の頭の中の地図がフル回転!!(笑)

予定ルートを部分的に即変更となりまシタ。

 

この日のケニーさんは午前中はMT09トレーサー♪

 

ホテルを出て先ず向かったのは、

通潤橋♪(う~ん、橋と一緒に写したはずの画像がトラブル。スミマセン)

 

通潤橋からケニーさんはF800STへ。

鮎の瀬大橋を渡り、更にワイディングを連れ回しマス(笑)

 

エレベータ道路を南側半分走り抜け、ランチ場所へ♪

 

高森町にある“石窯ピッツァ・スタジオーネ”さんに到着♪

絶品ハヤシライス&絶品石窯ピッツァを楽しんでいただきまシタ♪ここでもチャリティイベントを開催告知しておりましたが、

前日の“PEACE RIDE”で皆サインをもらっていること(笑)、スタジオーネさんはペンションも経営されており、

問い合わせ多くが遠方からだったこともあり、比較的静かなランチタイムとなりまシタ。

 

スタジオーネさんでのランチ後、R265を一の宮まで走り抜けてー、

 

北側外輪山がぐるりと見渡せる田んぼのド真ん中で撮影休憩♪

 

長~~い一直線を走り抜け、ほぼそのまま最短距離でミルクロードへ♪

 

ミルクロードでは今回最後となる阿蘇のダイナミックな風景を心に焼き付けていただき、

 

余裕を持って最後の休憩地、水の駅きくちに到着♪

224kmを駆け抜け、午後3時15分にはホテルに無事到着しまシタ♪

 

到着後、着替えを済ませて一息入れながら今年のルートのポイントを地図へ。

 

無事に終わって思い出すのは楽しいことばかり♪

期間中に参加させていただいた延べ6日間の連夜の宴会(笑)。

酷い雨中の2日間もペースを崩さない走り。

(ペース….誤解を招くといけませんので書きますが、飛ばしません。

ケニーさんは皆と一緒に集団を崩さずに走ることに重きを置いていマス)

お天気が良かった日はもちろん、雨の日でも阿蘇の雄大な景色に、

「WOW!!! WONDERFUL!!! BEAUTIFUL!!! AMAZING!!! 」を全員に連発していただきながら、

9月末~10月初めとは思えない猛烈な暑さと湿気の中を走りまくった延べ5日間・総走行距離1,082km。

ケニーさんご家族を始め、毎回いらっしゃる常連のお友達ご夫婦には、年ごとに深まる親交に宴会では弄られっぱなし(笑)

 

「Yossyの頭の中はどうなってんの?バイクにはナビ付いてないし、休憩の時は地図さえ見ていない。

そして予想もしない狭い道に入っていくし、でもそれは辛い道ではない。楽しい!!

しかもこれだけの人数で走ってるのにいつもオンタイム!!ビックリ!!!」と(笑)

KRラリーのリーダーを初めて任された2013年にケニーさんから言われたことを

お初のお友達からヤッパリ言われて、素直に嬉しいですし本当に光栄なことデス。

と同時に、来年もミスは許されないとプレッシャーも掛かるワケで(汗)

 

本ブログにアップし忘れてましたが、

更に最終日夜の宴会中に発生した“TEAM ROBERTS”ステッカー事件(笑)は、一生忘れられないと思いマス♪

もちろん被災した地域を走りながら見た風景や人々を脳裏に焼き付けたことも忘れられません。

素晴らしい時を一緒に過ごさせていただき、ケニーさんのご家族を始め、アメリカ・フランス・イギリスから来た皆さん、

期間中助けていただいた現地熊本の皆様に本当に感謝感謝です!!

 

あっ、この長いブログを最後までお読みいただいた皆さまにももちろん感謝デス!

既に来年のKRラリー・スケジュールも決まり、早くも楽しみで仕方ありまセン!♪

 

※130枚を超える今回の大量画像はボケているモノ数枚含めて弊社facebookアルバムに格納しております。

弊社facebookは登録していない方でもご覧いただけます。

(プライベート色の濃い画像は格納しておりません。ご了承下さいませ)

ボクセルモト・・・ケニー・ロードへ名前が変わりました!

2015年10月29日 Posted by ikeda_moto

 

皆さん、コンニチハ!

ツーリング・ハイシーズンの真っ只中ですネ!

天気も安定しているこのシーズン、乗れるチャンスが多いわけですから、

近場から遠方まで乗りまくってる多くのお客様からの話に事欠かないボクセルモトの毎日が続いていマス。

 

さてさて、もう1ヶ月経つというのに、アメリカの皆さまとのおハナシをアップしておりませんデシタ(汗)

楽しみにしていらした皆さま、申し訳アリマセン。ようやくアップいたしマス♪

長く書きますが、お付き合い下さいませ。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

 

今年のケニーさんツーリング….”KR JAPAN RALLY 2015″ は1日のフリーと

最終日の “PEACE RIDE 2015″ を入れて、9月28日~10月4日の7日間。

その中で、28日はグループ中ほど~最後尾としてのフォロー役、

1~4日はリーダーとして私池田はご一緒させていただきまシタ。

 

“KR JAPAN RALLY” は2009年から開催されているケニー・ロバーツさん主催のツーリング・イベント。

今年はアメリカからはケニー・ロバーツさん(以下、KING)、ジュニアさん(以下、Jr)を始め、お二方の奥様、

KINGと普段バイクで遊びまくっている猛者な?皆さん、そしてKINGのお孫さん二人(Jrの子供さんです)の、

今年は総勢18名のアメリカの皆さまが来日されていて、とてもとても賑やかな状態(笑)。

そしてKINGとゆかりのある熊本の皆さまが日替わりで混じるという、毎日30台前後のビッグ・マス・ツーリングなんです。

 

今年のツーリングで一番のトピックは、「グリーンロード南阿蘇」が

10月1日から公式に「ケニー・ロード」へ名前が変わったことではないでしょうか!

それでは私がご一緒した日をかいつまんで書きますネ。

 

28日は、その「グリーンロード南阿蘇」を管理している自治体の一つ、南阿蘇村役場へ。

南阿蘇村の長野敏也村長を表敬訪問。公式に名前が変わることは本当なんだと実感した日。

 

10月1日、「ケニー・ロード」へ正式に変わる日。

この日は東日本北日本で被害が出てしまった爆弾低気圧により熊本も影響を受け風雨が強く、

予定されていた「ケニー・ロード」上での式典は厳しいと判断され、

急遽式典会場を「道の駅くぎの」へ変更されました。

 

式典には熊本県・村田信一副知事、

「グリーンロード南阿蘇」を管理するもう一つの自治体である西原村・日置和彦村長、

南阿蘇村・長野敏也村長ももちろんご列席され、

記念レリーフ(これはダミー。本物はケニー・ロード、南阿蘇村側にある眺望ポイントにあり)をアンベールしました。

 

式典を終えた後、風雨強い中を走り、本物の記念レリーフが設置されている「ケニー・ロード」上のところへ。

地元熊本TV局の取材を受けるKING。

この道に対する思い入れを熱く語っていらっしゃいました。

この日以降、弊社のお客様の中にはすでにたくさんの方がココを訪れていらっしゃるようで、とても嬉しく思います。

 

さてさて、次の日以降は晴天に恵まれて、まさにツーリング・ハイシーズンを楽しみマス♪

 

昨年までと同様にKINGは飛ばしまセン。本当デス。

あくまでもマス・ツーリングを楽しむために阿蘇を走りマス。

 

” AWESOME ROAD”

弊社のツーリングルートの一つであるこの道にも、実はアメリカの方々から名前をつけてもらいマシタ♪

この道は以前からお連れしているのですが、

連チャンで来られているアメリカの方々には伝説になっているようで、

理由を尋ねると、一番は路面状態の素晴らしさとのこと。そして長い距離、しかもクルマがいない、

景色の素晴らしさ、快適なスピードで流せる適度なコーナーのR、というところだそうデス。

アメリカにも似たような道はあるそうですが、路面状態がとても悪く気持ち良く走れないのだとか。

 

ある日はココへ。

昨年までに2度ココに来ているのですが、いずれも天候が悪く、

今年は最高のコンディションで記念写真を撮ることが出来まシタ♪

 

カメラを向けるとピース!優しいKING。

 

もちろんお友達の皆さまも♪

 

KINGにとっては走っている一般のバイクも気掛かりデス。

「ヘイ、ヨシ!あれはモンキーじゃないのか?すげえ改造してるじゃん!!」

 

これはある日の朝、出発前。

「ヨシ、オマエはKTMは乗らないのか?どう思う?」なんて質問され、

ある日のランチでは、プライベートではビーマーのKINGから

「ヨシ、オマエは水冷ボクサーはどう思う?」なんてことも質問されて、

昨年までと違って、お互いに一ツーリングライダーとしての会話も増えまシタ。

KINGに意見を求められて、とても光栄に感じマス。

 

毎晩日本食で宴会(汗)

アメリカンの皆さま、とにかくお酒が強い!!

しかも翌日に全く持ち越さない!アルコール消化力の違いを今年も見せつけられまシタ(汗)

 

KINGの優しさとお酒の勢いも借りて…..(笑)

「ヘイ!ヨシ!オマエはオレ達の中で伝説のリーダーになってるゾ!」

なんて言われちゃいましたし(笑)

そのせいもあるのか、今年はアメリカの皆さまを始め、

熊本の皆さまからも話しかけられることが多く、道中の写真をたくさん撮れませんデシタ(汗)

 

阿蘇はいつものように穏やか。噴火の影響は全くありまセン♪

 

ある日は遊水峡にもお連れしまシタ。

 

そして、最終日。PEACE RIDE 2015の会場である道の駅久木野へ。

とその前に、式典では悪天候だったため立ち寄らなかったポイントへ。

逆光補正が出来ておりませんが、自分の名前が書かれた正式青標識の前でご満悦のKING

「ヘイ!みんな!ここはオレの道だから通行料もらうゼ!」なんてクチも軽やかデシタ♪

 

はい、そんなKINGにもお仕事が待っておりマス(笑)

阿蘇の緑保全に一役♪ KINGとJrによるチャリティサイン会。

もちろんご来場された方々との記念撮影も♪

PEACE RIDE はジャンルを問わずあらゆるバイクが集まるイベント。

この日の仮集計では2,200台余り集まったそうデス!!

まだの方は来年こそは是非!!!

 

というワケで、しつこいようですが、今年の一番のトピックは、

「ケニー・ロード」が誕生したというコト。

来年のツーリングマップルでは、きっと表記が変わっている….ハズという期待を持っていマス。

何より、日本ではまだまだマイナーなモータースポーツ選手の、

しかも外国人レーシングライダーの名が日本の道路の名前として公式に付けられるというのは前代未聞の出来事。

確か、イタリア・ミラノには2001年250ccロードレース世界チャンピオンである

故加藤大治郎選手の名が付けられた道路があります。もちろん彼の業績を称えるためにイタリアの方々が付けてくれたのです。

個人的には日本では無いだろうと思っていたでしたので、

今回名前を変えるにあたり走り回った関係各位の皆さまのご努力は大変だったことと深く感じます。

これからもこの道にお世話になる一ツーリングライダーとして、

KINGの名前を汚さぬよう安全運転で南阿蘇の雄大な景色を楽しみたいですネ。

 

今年の「KR JAPAN RALLY」にてボクがご一緒した5日間のトータル走行距離は約1,030km。

イベントが入っていない日は250km前後のルート取り。

毎日本当に楽しくて嬉しかったデス♪ あー、このままKING達とずっと走り続けていたいなあと。

たぶん、来年もリーダーのご指名をいただけるとの期待を糧に、

弊社のツーリングでも新しいルートの開拓に努力したいと思いマス(笑)

ボクセルモト・・・”K.R. JAPAN RALLY 2014″ & “PEACE RIDE 2014″

2014年10月20日 Posted by ikeda_moto

 

皆さん、コンニチハ!

先週先々週と2週続けての台風は正直参った!という方々、多かったと思いマス。

今日の北部九州は最高の秋晴れ!!正に絵に描いたような清々しい日本晴で、

※画像をクリックすると拡大表示されます。

ショップ前の国道はたくさんのオートバイが行き交っておりまシタ。

そんなお天気の中、走りまくって心地良いツーリング疲れのところ恐縮ですが深夜にブログUPしマス(笑)

久々に書く少々長いブログにお付き合い下さいマセ。

 

終わって2週間経ってしまいましたが、ようやく作文する余裕が出来て、ブログUPしマス(汗)

今年も年に1度の8耐ウイークならぬケニー・ロバーツ・ウイークがやってきまシタ(笑)

“KR JAPAN RALLY 2014″ & “PEACE RIDE 2014″ でゴザイマス。

毎年9月末~10月初めに熊本をファミリーで訪れるKINGケニー・ロバーツさん(以下KING)。今年で5年目デス。

GPファンならご存知の’78~’80年3年連続500ccロードレース世界チャンピオンになった、KINGと称される偉大なお方デス。

もちろんKINGの息子さん、2000年500ccロードレース世界チャンピオンケニー・ロバーツJrさん(以下Jr.)もご一緒デス。

そして今年もファミリーと共に、KINGはお友達(もちろん全員アメリカ人)18名を引き連れての阿蘇入り。

KINGはとにかく阿蘇が大のお気に入り。これまでに世界を回った中で最高のツーリングロケーションだと仰っていマス。

つまり、”KR JAPAN RALLY” は、KINGとアメリカのお友達、熊本のお友達が一団となり、

そんな最高の阿蘇・久住を熊本の温泉宿をベースにして、

6日間にわたり1日約250km程度を日帰りツーリングしまくるという何とも贅沢なツーリングイベントなのデス。

 

 

今年は9月28日~10月5日の開催。期間中、ボクが参加させていただいたのは6日間。

その内の後半4日間はボクがツーリング・リーダー。昨年に引き続きご指名いただき光栄デス。

しかし、昨年の1日だけのリードとは違い、今年は4日間。サスガに頭の中の地図がフル稼働しましたヨ。

とにかく毎日のメインルートはダブらないように、しかも交通量が殆ど無い快適ワインディングを上手く繋ぎに繋いで、

アメリカの皆さんはもちろん、地元熊本の方々も退屈させないようにしなければなりません。

そして、マス・ツーリングにも配慮。毎日、25~30台での移動となりますので、分岐等はスタッフの方々にもご協力いただきまシタ。

 

毎朝ロビーからこんな感じでKINGは現れマス。

 

 

2日(木)、鮎の瀬大橋。結構高いぜ、誰かバンジーするか?なんて声も(笑)

 

いたずら心満載のKING.クモ捕獲中。

 

3日(金)、全員驚愕していた某ルート。約40kmの全区間、中央線は白線、クルマは先行対向車共にゼロ!

KINGはワイディングのRの組み合わせ、ダイナミックなUP DOWN、

広大な緑が広がる風景、スムーズな路面の状態にホントに驚いていまシタ。

弊社のツーリングでは「いつもの庭」なトコですが、かなりの贅沢をしてるってコトですネ。

 

3日(金)、素晴らしい出会いがありまシタ!

皆で休憩していたら、KLX250Rで日本一周をするハタチの若者が!

KLXの後ろには「日本一周40日目」?のサインボード。確か、横浜から来てたんじゃないかな。

世代からして、当然お2人のチャンピオンを知らない。ボクらはどんなグループなのか彼に説明。

理解した彼はもちろんチャンピオンお2人とそれぞれツーショットに収まりマス。

そして、帰ったら行きつけのバイク屋のオヤジさんにそのツーショットを見せてあげたらいいよと誰かが言ってあげました。

たぶん、バイク屋のオヤジさんにめちゃめちゃ羨ましがられていることでしょう。

 

4日(土)、ランチは和のバイキングをご堪能いただきまシタ。皆さん、お箸の使い方がめちゃお上手!

ワショクダイスキ!とのコトでしたヨ!

 

日本晴!!

 

レンタル車はいろいろ。これはホンダNM4。4日(土)はJr.がライド。

KINGはDCTの出来栄えを確認したかったようで、休憩中にちょっとそこまで試乗に行きまシタ。

 

KINGは基本的にBMWがお好きですネ。4日(金)は終日R1200RT-LC。3日(木)はR1200GS空冷。

 

4日(土)と5日(日)は、BSフジ”MOTO TV”の取材も入りF6Cを。VR46に対抗ポーズか(笑)

今回のイベントの模様はBSフジ・10月25日深夜25時00分から放送予定デス。お見逃しなく!

 

 

2日(木)、この日のお茶時間は南阿蘇の”みそらやcafe”さんへ。こだわりの和菓子とコーヒー。

緑茶もお得意としている“みそらやcafe”さんですが、今回は慣れ親しんだコーヒーで疲れを癒していただきまシタ。

もちろんアメリカの皆さんは和菓子もコーヒーにも大喜びデシタ。

 

KINGのマス・ツーリングの方法。飛ばしまセン。ホントです。

皆とまとまって走りを楽しむコトを重要視されていマス。

 

コチラも毎朝の微笑ましい風景。KINGにとってはお孫さん。Jr.の子供さんのお見送り。

 

5日(日)、”PEACE RIDE 2014″。台風第18号の影響で強烈な風と雨。

それでも200台ぐらいのライダーが集まっていたと思う。タフなライダー多し!

 

会場内のスタッフ用くまモンキーを発見したKING。エンジン掛かったから乗っていいだろ?

この後、KINGは場内をくまモンキーでウイリーしたり、斜面をヒルクライムしたり、思いっきり楽しんでまシタ。

 

荒天の中のチャリティサイン会。こんな天気の中を駆けつけたライダーに、お2人のチャンピオンはとても優しい。

丁寧に丁寧にサインと写真に応じておられまシタ。

そうそう、このイベントに参加された方、帰りにお1人ずつ撮影されたご自身の写真はご覧になりましたか?

“PEACE RIDE”のWebに掲載されていますので、是非探してみて下さいネ。

 

というワケで、リーダー担当期間中、最終日“PEACE RIDE 2014″の開催日では

台風の影響を受けて会場までの最短往復になってしまったものの、

それ以外の日は秋の阿蘇を満喫するには最高の天気が続いたコトにも助けられ、

どうにかこうにか役目を果たすことが出来て、正直ホッとしていマス。

ルートでは、ボクの担当日前にそれぞれ1日ずつをリードされたラ・ベレッツアさん神山モータースさん

少しでも重複しない選択をしなければならなかったので多少プレッシャーもありましたが、

縦横無尽に走り回って、阿蘇・久住を存分に楽しんでいただけたのではないかと思います。

もちろん反省点もあり、マス・ツーリングのリードを20年以上やってきたボクでさえ、もっと上手く出来るはずと感じることもありました。

でも最高に嬉しかったコトもありましたヨ!

とある休憩場所で、ケニーさんから「オマエは俺たちを地獄へ連れて行く気か?信じられない程に最高の道ばかりだ!」

というジョークの利いた最高の褒め言葉(笑)をいただいたコトは一生忘れないと思いマス。

 

最後になりましたが、KINGとJr.のお2人の世界チャンピオン、

そして、アメリカ人18名の皆さま、そして一緒に走ったお2人とゆかりのある熊本の皆さま、

そしてご尽力された関係者の皆さま、ホントにホントに大変お世話になりました。

注:ココには書けない楽しい?話ありマス(笑)詳しくはお店で(笑)

ボクセルモト・・・KR JAPAN RALLY 2013 & PEACE RIDE 2013

2013年10月10日 Posted by ikeda_moto

皆さん、コンニチハ!

ボクセルモトのブログ、ここずっとツーリングレポートばかりの場と化しておりますが、お許しを。。。

日々の小ネタやつぶやきは、ボクセルモト・フェイスブック・ページをご覧いただけると助かりマス。

もちろん、出来る限り本ブログでも他のネタをアップしていきたいと思います。

ヤキモキされている方もおられると思いますが、何卒よろしくお願いします m(_ _)m

※フェイスブックページはご登録していなくてもご覧いただけます。

 

今回のブログ、3日分のコトを書くので長いデス。スミマセン。良ければお付き合い下さいませ。

さて、タイトルの前の方。KR JAPAN RALLY 2013 って何? って思われる方も多いと思いマス。

KR = 1978~80年・WGP500cc・3年連続世界チャンピオンである

“KING” ことケニー・ロバーツさん(以下ケニーさん)のこと。

ボク世代のWGPファンからすると、まさに神のような存在。

ケニーさんは、2011年から毎年この時期にアメリカの仲間と共に来日(来阿蘇)されており、

(2011年は東日本大震災へのチャリティー活動をされながら、東京~熊本を皆でバイクで自走!)

「とにかく美しい阿蘇の山々をツーリングしようぜ!」てコトなんデス。

とにかくケニーさんは阿蘇が大のお気に入り!今回はアメリカ人のお友達10名程を引き連れての来熊デス!

さらに今年は、ご子息であり、同カテゴリー2000年の世界チャンピオンであるケニー・ロバーツJr.さん(以下Jr.さん)

4日(金)からはWGP250cc・1993年の世界チャンピオンである”クールデビル”こと原田哲也さん(以下原田さん)もツーリングに参加。

そしてお三人さんは、ツーリングイベント最終日である10月6日(日)には、

すでにご存知の方も多い阿蘇・久木野でのイベント、PEACE RIDE 2013にチャリティーゲストとして参加されました。

 

前置きが長くなってしまいましたが、まずケニーさん達とのツーリングのハナシを書きますネ。

ケニーさんはいつものように奥様を乗せてのタンデムランなので、

ボクも相方(ガイド時の、大きなウインカー代わり・笑)とタンデムランにて参加することに。

ボクは29日(土)のウエルカムパーティから合流。

ケニーさん御一行様の阿蘇周辺・日帰りツーリングは、9月30日(月)~10月6日(日)最終日のPEACE RIDE 2013までの7日間。

30日(月)の初日と最終日10月6日(日)午後をガイドとして(ケニーさんたちからは、Leader と呼ばれました)、

10月1日(火)は一参加者として、延べ4日間、今回のツーリングとイベントに加わらさせていただきました。

(実はケニーさんとのツーリングは2011年に続いて2度目デス)

さすがに初日のガイド担当の仕事は、スタートするまでかなりプレッシャーが掛かりました(笑)

「チャンピオン達も走ればただのツーリング好き(笑)のライダーはずだ。いつも通りに。」と言い聞かせながら初日を迎えます。

 

初日は、「秋の交通安全運動週間」の最終日、山鹿警察署主催のイベントから始まりました。

※以下、画像をクリックすると拡大表示されます。

ケニーさんが「グッドライダー宣言」。ケニーさんとくまモン…ナカナカお似合いデス(笑)

 

警察署でのセレモニーを終えた後は、

警察署から4km程を30台余りで安全祈願パレードラン。もちろん白バイ3台の先導、信号コントロール状態デス。

自分が偉くなった気分になりそう…..こんなコトで勘違いしてはイケマセン(笑)

 

パレードは無事終了。と同時にボクの仕事がいよいよ始まりマス。

ケニーさんの様子を伺うと、とにかく早く走りに行きたそう(笑)。

確かに「早く行くぞー」とヘルメット越しに英語で言ってたような。

ケニーさんはドイツ製某車にエンジン掛けて駐車場出口付近ですでに待機(笑)

「彼が今日のガイドです!よろしく!」と、ケニーさんの奥様に紹介してもらったのも聞こえてないような(汗)

おそらく、パレード終了からツーリング出発まで1~2分しかなかった(汗)

慌ただしいスタートになるよ、と事前に伺ってはいたので、心の準備は出来ていましたけどネ(苦笑)

そんなこんなで、10時40分頃にパレード終了場所を、25名、16台で出発しました。

 

事前にこんなルートで、とリクエストはありませんでしたが、

先のイベントの終了時刻が10時半過ぎで、それが終わらないと出発出来ないこと、

走る距離は200km程度、そしてホテルに戻る時間を確実に守ってほしい、とのことでした。

ボクが組んだルートは、あらゆる点を考えて基本左回りを選択。クルマが少ないルート取りは言うまでもありません。

とにかくアメリカ人の方々を絶対に迷子にさせられない。

初めて日本を走る(左側通行)方もおられると伺っていたし、この日は関係者の日本人を含め16台、25人でのツーリング。

集団が途切れやすい信号のある交差点右折を出来る限り少なくしなければならない、

途切れる可能性があるにしても、待つ時間を極力減らしたい、走れる時間も限られている、

でも阿蘇の魅力を少しでも多く感じて欲しいし。しかも初日だから2日目以降も気分良く臨んでいただかなければ。

(ショップのツーリングもここまで気を遣えって声が聞こえてきそうですがー・笑)

 

ハナシをツーリングに戻しマス。ランチ時間の正午まで1時間と10分。ヤバい(笑)

ボクはガイドなので、先頭。ケニーさんは2番目。

これからはずっとミラーに映るおなじみイエローベースの白頭鷲ヘルメットが映り込むプレッシャーとの闘いデス(笑)

裏道を使いながらも吉無田高原を経由して通潤橋のランチ場所へ。無事に正午少し前に到着、ホッ。。。

(この部分、カメラの調子が悪くて撮れていませんデシタ。ゴメンナサイ!)

お口に合ったかどうかは不明なのですが(苦笑)、1時間半ほどユッタリとランチタイムを過ごしていただき、再スタートデス。

あれっ?ケニーさんバイクチェンジしてる。お友達と交換されてました。ヤマハのスーパーテネレ1200。

ボクがGSだから、前の見通しを良くしたかったのかなあ。どうして換えたのか聞くの忘れてた。。。

 

実は、ランチ直後はあるルートを予定していたのですが、やはり時間が足りないと判断。

一部ショートカットして、別の交通量の少ないルートに即変更し、奥阿蘇方面へと走りマス。

快調に進んでいると、旧蘇陽町稲生辺りで予報通りに雨が。。。まだカッパを着る程でもないのでそのまま進みマス。

そして、奥阿蘇大橋辺りでは「あー、本降りになってきた!Jr.さん、そういえばTシャツやん!」。こりゃ小休止いるナア。

というコトで、奥阿蘇物産館で急遽カッパタイム。数名のアメリカのお友達はカッパを着始めたのですが、

Jr.さんは…着ません!確かにバイクはエレクトラグライドで雨は当たりにくいけど、気温は下がってたし寒くないの??

後でどうして着なかったかをお尋ねしたら、「モンダイナ~イ」とのお返事が(笑) お強いデスネ!世界チャンピオン!

 

カッパタイム中、ケニーさんは物産館へ。なかなか出てきません(笑)どうやらお土産を購入されていたようです。何買ったんだろ?(笑)

さて、カッパタイムを終えて再スタート。路面は完全ウエットでゴザイマス。

ボクセルモトのツーリングにご参加いただいている方ならご存知の「あの無重力を時折感じるルート」へ。

ルート中にある小中学校を過ぎた辺りから雨も上がり、路面もドライに♫ 一定のペースを保ちながら、阿蘇望橋から怪しい脇道へ(笑)

お客様からよく言われる「あの牧草地やら、畑の中やらどげんなっとーと。どげん走ったかいっちょんわからん」ルートで、

 

箱石峠のあの場所へ。ここはやはり根子岳の雄大さをケニーさん御一行様にみていただかなければ!写真タイムです♫

雨上がり。阿蘇と久住を同時に眺められるここからの景色はとても美しく、下に見える国道はステルビオ峠(言い過ぎか・笑)のよう。

ケニーさんはココは初めて来たとのことで、「BEAUTIFUL!」を連発されておられました♫

アメリカ人のお友達たちからも、「THANK YOU!」と言われて、上がってくれた雨に感謝デス。

 

写真タイムを終えた後、またまた「いっちょんわからんルート」(笑)で、道の駅波野まで。トイレ&コーヒー&お土産タイムです♫

なぜかこの風景に違和感なく溶け込んでいるケニーさんとJr.さん、そしてお友達たち(笑)

 

楽しい休憩時間を十分に取っていただいて、でも時間が迫ってきていマス(汗)

午後3時半過ぎに波野を出発し、大蘇ダム~やまなみ~ミルクロードと阿蘇の雄大な景色を眺められる王道ルートで菊池渓谷まで。

菊池渓谷からは菊池市街からの大渋滞を避けるため、またまた「いっちょんわからんルート」で山鹿の某ホテルまで。

到着後、ケニーさんやJr.さん、そしてお友達からは、

「Nice leader! Good job! You are fast and smooth !」なんて言われて、

あー、よかった、お世辞もあるかもしれないけど、まずは初日に好印象を持ってもらえて、

次の日からのツーリングでも阿蘇を気持ち良く楽しんでもらえそう、とまずはホッとしました。

相方もケニーさんの奥様から「合図を大きく出してくれたから、よかった。助かりました。」と感謝のお言葉をいただきました。

結局、この日はボクのバイクのトリップメーターで208km走行。帰着時間は5分遅れたけど、ほぼオンタイムで無事終了となりました。

 

10月1日(火)、怒涛の昨夜の宴会を終えて、2日目、午前9時半、出発デス(笑)

(宴会の写真はとても載せられません。皆さんのご想像にお任せシマス・苦笑)

先日と打って変わってピーカンの絶好のツーリング日和♫

この日のガイドは、神山モータースさんによるもの。ルートをお尋ねすると大分・日田の山中をかすめる

交通量・信号の少ない8の字ルート。とてもよく出来たルートです。さすが地元デスネ♫

ボクは集団の真ん中~最後尾にて、いつでもヘルプ出来る心構えでご一緒させていただきました。

この日は少しは写真を撮る余裕がありそう(笑)

 

あざみ台へ。ホントにいい天気♫

 

ランチは茗ケ原茶寮へ。実はケニーさん御一行様は昨年もコチラを訪れています。

建物内にはケニーさんやJr.さんのサインが記されていマス。場所をご存知の方は是非行ってみて下さい♫

 

思いっきりUSAなヘルメットはJr.さんと奥様。Jr.さんは照れ屋さん?♫

 

ランチ後はマゼノミステリーロード~菊池の水の駅へ。そして旭志~鹿本~ホテルへ、の快適ルートデシタ♫

そうそう、この日はサポート部隊を含め、総勢37名、26台のマス・ツーリング。

神山モータースさん、本当にお疲れ様デシタ♫

ボクも一応のお仕事終了。ホテルを出る時、「Why?? You stay here!!」と

ケニーさんに言われながらも、皆様とお別れの挨拶をして福岡へ。あー、帰りたくない。。。。

 

さてさて、次は最終日の10月6日(日)。そう、PEACE RIDE 2013 の開催日デス♫

やはり参加せずにはいられません。本当に微力ですが、ご協力させていただきましたし、

(当日販売されたTシャツの背中にはBoxer Motoのロゴ入ってマス)

ケニーさんを含め御一行様からの要望もあるとお聞きしてました。行きます!当日朝、福岡から山鹿の某ホテルへ!

午前9時、ケニーさんと4日振りの再会(笑)。

某セリフのように「I’m back!」というと、「Welcome! Great! モンダイナイ!」と笑顔で迎えてくれマシタ♫

この日は原田さんとも合流。世界チャンピオン3人と走れるなんて!皆さん、スミマセン!

さてさて、会場の「あそ望の郷くぎの」まで、スタッフさんの先導で向かいマス。

俵山トンネルを抜けた辺りから小雨が。。。グリーンロードが走る山々は雲に覆われていマス。

 

小雨はすぐに上がり、会場に到着!いやあ、スゴイ数のバイクと人デシタ!過去最高の1,800台以上集まったとのこと!!

このイベントの楽しいトコロは、集まるバイクにジャンルが無いというトコロ。

国産車はもちろん、いろんなメーカーの外車、排気量も問いません。あらゆるタイプのバイク・トライク・サイドカーが集まっていまシタ♫

ボクセルモトのお客様たちもたくさんお見えでしたネ!ありがとうございます!

 

チャリティーサイン会絶賛開催中の世界チャンピオンのお三方♫ ファンの方、後ろ姿でゴメンナサイm(_ _)m

午前中、お三方ともサイン会、ファンの方との写真撮影など、バッチリお仕事をこなされていまシタ。

イベントが順調に進む中、止んでいた雨が再び降り始めマス。。。結構本降り!風も強い。。。

午後からは再びツーリングなので、ナントカ止んで欲しい!そう思いながら、ボクもテントの下で雨をしのいでいました。

少し経って、お昼ご飯を済ませている間に雨は上がりましたが、予定のグリーンロード方面はまだしっかり雲の中。

ケニーさん、Jr.さん、原田さんを交えた集合写真撮影と、お三方の挨拶を終え、

そして、このイベントに来た全員1台ずつの写真撮影も無事に終えて、午後1時頃に会場を出発。

(ご参加された方、こちらの方に順次写真はアップされるので要チェックですヨ♫)

とりあえず、ボクは後ろの方を走ることに。

 

やはりグリーンロードは雲の中。霧&小雨は間違いない、行けない。周囲の外輪山も雲雲雲。

まずは再び俵山トンネルを抜けるとコレが予想外のピーカンに!大津付近の広いコンビニで一旦体制を整えるコトになりました。

ココでスタッフさんから呼ばれマス。ルートの相談がありました。予定していた東南の山々を見ると、

まだまだ雲にすっぽり覆われています。北西側の山は綺麗に見えていて天気は良さそう。

ならば、1日(火)と一部ルートはダブるけど、楽しく走れた方がいいに決まってマス。

その北西方向へというコトで、ココで再び先導をさせていただくコトになりまシタ。

コンビニから、大津を抜けて某林道(舗装)へ。ココは山の高い場所を走る道ですが、

ほぼ全線片側1車線ずつの走りやすい道。そしていつもクルマはほぼゼロ!

 

途中、見通しの良いところで隊列を整えるタメに、一旦停止。

丁度ケニーさんがみんなと写真を撮りたいということなので、ここでボクも収めていただきマシタ♫

 

ワイワイ言いながら写真撮影を終え、少しだけ山を降りて、1日(火)にも立ち寄った水の駅で、トイレ&コーヒー&ダベりの会を開催(笑)

着いてすぐ、アメリカのお友達たちから、「お前の走る道はオモシロイ」的なコトを(おそらく・笑)英語で言われマシタ。

そうそう、ココでようやく原田さんとキチンと挨拶をすることが出来マシタ。朝のスタートから、やはり何かとドタバタしていたので、

しっかりとした挨拶が出来ていなかったのデス。(原田さんとの写真撮り忘れ・涙)

ココでは時間にもたっぷり余裕があり、またかなり気温が上がってとても暑かったので、日影でハナシは盛り上がり続けマス。

 

ハナシも多少尽きてきたのか(笑)、ケニーさんの「Let’ GO!!」の掛け声で再スタート。

1日(火)朝のルートを一部逆走する形でホテルまで。無事に全ツーリング終了デス。

とは言え、ボクは帰れません。これから、怒涛のさよならパーティーが(汗)もちろん、ボクは乗って帰るのでハイオク無し(笑)

いろんなハナシで盛り上がったのですが、メインは来年はどうする?ってコト。えーー!ていうビッグネームも数名出てマシタ!

すでにボクもメンバーに加えられていて嬉しいような、プレッシャーのような(笑)

今回ご一緒したケニーさんのお友達の間では、ボクは話題のガイドだそうデス。(いい意味であることを祈りマス・汗)

というワケで後ろ髪を引かれながらも午後10時半過ぎにボクは失礼することに。ケニーさん、Jr.さん、原田さん、

そして、ケニーさんのお友達たちからも感謝と来年の再会のお言葉をいただき本当に光栄デス。

ケニーさんからは「アメリカに遊びに来い!」とも言われて、益々恐縮。貴重で楽しい時間をご一緒させていただき、感謝感謝デス♫

 

最後になりますが、このイベントを終えてから、ショップでお客様からよく尋ねられるケニーさん御一行様の走りについてデス。

あくまで、今回のマス・ツーリングでのコトを簡単に書きますので、よろしくお願いしマス(笑)

まず、ケニーさん。飛ばしません。本当デス。道中ペースを上げて何度か誘ってみたのですが、淡々としたペースを終始変えません。

あとで聞いたハナシなのですが、初日の午前中しばらくの間、ボクをジックリ観察していたとのコト。

当たり前デスヨネ。ボクも同じコトしマス。そのしばらく観察された後、彼は大丈夫だと思ったとのコトで

安心して後ろを付いていったそうデス。ありがとうございます!

でも、やはり午後からのペースも淡々としたもので変えることはありませんでした。他のご一緒した日も基本的には同じ。

最終日はほんのチョッピリ遊びましたけどネ♫ 本当にほんのチョッピリデス。

淡々としたペースを保つのは、もちろん公道であることと、お友達たちを連れてきているので、見本を示そうとしているのではと想像していマス。

(次回お会いした時に、詳しく尋ねてみようと思いマス)

そして、その日初めて使うバイクは、必ずハンドルポジションを調整しマス。

ボクがご一緒した期間、3台のバイク(バーハンドル)を使い分けられていましたが、全て調整しまシタ。

使いやすい位置にセットすることはとても大切デス。

Jr.さん。ボクがご一緒した日は全てハーレーのエレクトラグライドをお乗りでした。バンク角、浅いデス。

もちろん奥様を乗せてのタンデムライド。1日(火)は、ボクはJr.さんの前か後ろを走っていたのですが、

あの浅いバンク角でも、フルに寝かすこと無く、路面を気にしながら、出来るだけワイドなラインにならないよう、

スムーズに向きを変えていました。しかも速い!さすが世界チャンピオン!器用に操りますネ!

原田さん、ゴメンナサイ。最終日だけしかご一緒出来なかったので、ほんの少ししか走りを見ていません。

ホテルに帰る道中、ボクは後方に下がったトコロがあるのですが、その時はJr.さんと遊びながら走ってマシタ(笑)

とある伊製の長いバイクにお乗りだったのですが、時折見せるスッと早く倒し込まれる動きは、

現役時代のあの軽快でクレバーな走りを想像させるに十分なモノでした。

 

いやいや、すっかり長く書いてしまいました。。。なんせ3日分のコトですので、ご勘弁下さいませ。

もちろん、ココには書けない楽しいハナシもあります。詳しくは店頭で(笑)

ボクセルモト・・・憧れのレジェンドのオーラはスゴカッタ\_(^◇^)_/

2011年9月28日 Posted by ikeda_moto

SUPER RIDE 2011 KING AND FRIEND’S KENNY JAPAN TOUR

昨日、広島から熊本までのツーリングに終日ごいっしょさせていただきましたhappy01

これは、山陽道・佐波川SAでの休憩で。一番奥に白頭鷲のイエローのヘルメット(写真小さくてすみません)

昨日27日のメイン目的地は、湯布院の岩下コレクションさんでしたのでshine

朝9時半に広島のホテルを出て山陽道、中国道、九州道、大分道・湯布院ICまで一気に走りdash

岩下コレクションさんに午後2時ごろ到着scissors

数々の岩下コレクションさんのバイクを見終わった後は
たくさんのサインに気さくに応じるケニーさん、
ファンを非常に大切にされている方と聞いてはおりましたが
その光景を間近で直接見ると、さらに尊敬してしまいましたupwardrightツꀀ

ツꀀ岩下さんに珈琲をご馳走になり
午後4時半ごろ岩下コレクションさんを出発dashツꀀ

阿蘇の快適なワインディングを駆け抜け、宿近くのスタンドで燃料補給です。
私はここでお別れさせていただきました

楽しいツーリングに参加させていただき、
ケニーさんを始め、
ごいっしょさせていただいたケニーさんと共にアメリカから来日されたご友人の方々

スタッフの皆さん、本当にお世話になりましたgood

最後になりましたが、

SUPER RIDE 2011 KING AND FRIEND’S KENNY JAPAN TOURツꀀ・・・

10月1~2日に各種イベントが開催されます。

詳しくは、阿蘇ライダーズベースさんのWebへ

当店も少ないですが、チャリティオークションに協賛させていただきました。

皆さん、この日のツーリングの目的地は是非このイベントへ!
もちろん、ケニーさんも来場されますshine